認定こども園Q&A
「認定こども園」って何ですか?
就学前の子どもを対象にした従来の幼稚園の機能と保育園の機能が一体となった施設です。入園の条件にお母さまが働いているか、いないかは問いません。また、子育て支援(未就園児親子クラス、未就園児親子リトミック、未就園児クラス、教育・子育て相談、講演会)を実施します。
当園は小田原市内で初めて「幼保連携型認定こども園」の認可を取得しました。
小田原みどり学園では、幼稚部(1号)と保育部(2号)の子どもはどちらが多いですか?
当園の場合、約8割が幼稚部/1号(幼稚園入園)に在籍しています。
幼稚部(1号認定)とは何ですか?
幼稚部(1号認定)とは3歳~5歳(年少~年長)の幼稚園入園の子どもの在籍を意味します。基本的には、お母さまが働いていないご家庭が対象になります。また、お母さまがお仕事をされていても(とくに短時間のお仕事の場合)、幼稚部(1号認定)を希望される方は多数いらっしゃいます。
一般の幼稚園とどこが違うのでしょうか?
当園では、定期的な半日保育の日はありません。給食は完全給食を実施しています。また認定こども園は健康管理(健康診断、歯科検診など)、防災・防犯対策(避難訓練など)といった安全・安心の取り組みに高い基準が課せられており、充実した体制が整っています。
昼食は給食ですか?
当園では完全給食を実施しています。「認定こども園」では調理室の設置が原則で、栄養士による献立に基づいて給食を提供しています。
保育料への補助はありますか?
あります。市民税を基準に保育料負担軽減の補助が受けられます。また幼稚部(1号認定)では、年少から小学校3年の範囲において多子減額措置が受けられます。保育部(2号・3号)では在園の範囲で同様の措置が受けられます。
未就園児クラス「もも組」とは何ですか?
いわゆる幼稚園の2歳児クラスのことです。お母さまが働いていない2歳児・3歳児が対象となります。
小田原市外に住んでいる者ですが、入園できますか?
できます。現在も市外地域から多数の園児が在園しています。
保育部(2号認定・3号認定)とは何ですか?
2号認定は3歳~5歳(年少~年長)、3号認定は3歳未満児で、お母さまが働いている場合は、基本的には保育部(2号・3号)になります。ただし、お母さまがお仕事をされていても(とくに短時間のお仕事の場合)、幼稚部(1号認定)を希望される方は多数いらっしゃいます。
一般の保育園とどこが違うのでしょうか?
一般的に保育園は子どもの「生活の場」として位置づけられていますが、「認定こども園」は幼稚園と同様に「教育の場」です。
お母さまが働いていなくても入園できる所も大きく違うところです。入園後にお母さまが仕事を辞められた場合でも退園する必要はありません。
幼稚部(1号認定)と保育部(2号認定)では保育内容は違うのでしょうか?
正課(教育課程に基づくカリキュラム)はまったく同じです。クラス編成も幼稚部(1号)・保育部(2号)の区別なく合同で行っております。
上の子を幼稚部(1号認定)、下の子を保育部(3号認定)として入園をお願いすることは可能ですか?
可能です。多子減免措置も摘用されます。
専業主婦なのですが、入園できますか?
できます。「認定こども園」は、お母さまが働いている・いないに関わらず入園できます。
入園後、仕事を始めるかもしれませんが、幼稚部(1号)で入園した後で保育部(2号)に移ることはできますか?
可能です。前もって申し出ていただければ、随時、承っております。同様に、保育部(2号)から幼稚部(1号)へ移ることも可能です。ただし、お仕事をされていても幼稚部(1号認定)を希望される方は多数いらっしゃいます。
教育・保育の内容
◇幼稚園教育要領と保育指針の目標が達成されるよう教育・保育を提供します。
◇クラス編成は幼稚部・保育部合同で学齢ごとに編成します。
◇認定こども園としての一体的運用の観点から、教育・保育の全体的な計画を作成します。
◇小学校教育への円滑な接続に配慮した内容です。
入園手続きについて
◇認定こども園は、保護者と園との直接契約(入園)になります。
     ※入園などのお問い合わせは、園に直接、 ご連絡してください