小田原みどり学園の沿革
昭和25年 仏教みどり学園(後のみどりの家)創立。園歌・園旗制定。
初代園長に安部龍嚴就任。
昭和26年 みどりの家愛児園設置認可。第1回幼児まつり(お遊戯会)開催。
昭和29年 宗教法人安楽寺へ設置者変更。
昭和32年 木造園舎増改築。母の会(後の父母の会)設立発足。
昭和39年 天皇陛下より御下賜金拝受。
昭和45年 宗教法人から社会福祉法人みどりの家に組織変更。
昭和46年 園舎新築落成(鉄筋コンクリート造2階建)。屋上プール設置。
昭和51年 創立25周年記念式典挙行。記念誌発行。
第25回幼児まつり(創作ダンス&音楽発表会)小田原市民会館大ホールにて開催し現在に至る。
昭和53年 園舎増築並びに設備改造完成(鉄筋コンクリート造3階建)。
昭和59年 二代園長に安部龍雄就任。幼児教育用みどりの家自然観察園完成。
昭和61年 神奈中スイミングスクールと教育提携、4歳以上スイミング指導開始。
昭和63年 みどりの家友の会(同窓会&後援会)設立発足。
平成3年 園舎(1F・2F)全面改修並びに園舎外壁等全塗装完成。
平成12年 創立50周年記念幼児まつり開催。
総合コンビネーション遊具設置。
平成13年 創立50周年記念誌発行・感謝の集い開催。3歳以上英語指導開始。
平成21年 総合幼児教育研究会(総幼研)加盟。
神奈中体操教室と教育提携、3歳児の体操指導開始。
平成22年 認定こども園へ制度移行。
平成27年 幼保連携型認定こども園認可取得。小田原みどり学園に改名。